2009年03月27日

ステアリンミリスチン

RIMG0017.jpg
お試し比べ石けんの感想です

おさらいですが、簡単に言うと
ミリスチン酸は泡
ステアリン酸は固さ


しかしトレースの早さや触りごこちは断然ミリスチン酸の入りのほうが固いです
カチカチで、しっかりしていてこっちの方が固さを出してくれているのではないかと思うほどでした


ミリスチン酸入り石けんは泡が大きくモコモコでます
RIMG0008.jpg
普通にすんなりなくなりました
髪の毛が洗いやすくて手でくるくる回すのが楽しいくらいです


期待していなかったステアリン酸石けん
RIMG0014.jpg
さわり心地は柔らかいのに髪の毛をごしごししても角が丸くなりません
大抵どの石けんも一回で角は多少なりとも取れてくるのですが、全然取れませんでした
今まではミリスチン酸と一緒に使っていたため、泡成分もしっかりと活躍していたので角が取れていたんだと思いますが、今回はココナッツオイルだけだと泡成分は負ける事がわかりました
泡は期待できない程度
きめの細かい少なめの泡です
そして溶け崩れが少ない石けんとなりました
水にぬれたら逆にカチカチになった感じw
ちょっと見方が変わります
コイツ意外とやりよります。。
単体ではちょっと固すぎますが、この固さは利用出来る気がしました
前回椿オイル石けんではノンハードオイルにミリスチン・ステアリンを入れ、柔らかい仕上がりになりました
次回はステアリン酸のみでノンハードオイルだとどこまで固くなるのか、機会があればやってみようと思います

今回のレシピ
ケン化率85%マルセイユ
各酸 5%
酸に対するソーダは入れていません

おまけのキャスター石けんはのちほど。。
posted by anco at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 石けん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。