2013年07月07日

台所用石鹸 2種

前回お話しした台所用石けんについて

一つは古い石鹸を片付けるために溶かして塩析しました。
6年前のからコツコツ。。
去年4キロくらいやったんだけど、今回3キロ。。
多分あと1キロくらい残ってますw

なんでこんなにあったか。。

これが5年前の石鹸です。
iphone/image-20130707222005.png
案外綺麗だったけど、スポットもちょっとあるし、匂いも油臭いから思い切ってやっちゃいました。


こんな風に刻んで、熱湯に入れて一晩置いてドロドロにしてから作業にとりかかります。
我が家の一番大きいパスタ鍋に石鹸1キロが限界です。
それ以上だとうっかり沸騰とか、まぜにくかったりします。

ドロドロになったら苛性ソーダ入れてグツグツ30分
その後塩入れてグツグツ。
iphone/image-20130707222125.png
ドロドロ〜

コレ冷えるまで待つ。
冷えるっていっても24時間以上かかるかも。
鍋によるけど、うすいペラペラの鍋のほうがすぐに冷えます。
上が固くても中の方が固まってないのが多いです。


固まったら下にたまってる水捨てる。
上の石鹸の塊の下の方の黒い(2.3回目以降はオレンジ、グレーにかわってきます)のはしっかり!もったいないけどガッツリ取る。
新しい水と石鹸の塊入れてグツグツ
溶けたらまた塩入れて、塩が溶けたら火を止めてまた冷やして固まったら。。


と繰り返します。
石鹸がオレンジから白になるまで何度も塩析してください。
私は4.5回やりました。
(4.5回ということは前日削ってお湯に入れることを考えると6日くらいかかったという。。)
白いからいいかなーなんて途中でやめちゃうと
iphone/image-20130707222026.png
こんな2色に
下のグレーの部分がちょっとくさいです。
別に食器洗っても臭いが残るわけではないですがやっぱり気持ち悪い。
固まって綺麗な水と塩で塩析しなおす時はがっつり色が違ってる部分を削っちゃってください。
よってこの石鹸はまた塩析しなおしってことね。。

塩入れすぎるとキラキラと苛性ソーダいれすぎたみたいな結晶が残るかがいれ過ぎは注意。


もう一つは古い酸化したオイルをソーダ100%で作りました。
コールドプロセスにする必要はないから、適当にホットプロセスで普通の石鹸の作り方と一緒。
温度気にせずグルグル30分くらいして型入れしただけ。

ミリスチン酸とステアリン酸も使わないから5%ずついれました。
古いといってもオイルの酸化臭は気にならなかったから消臭的な物はいれませんでした。
一応オレンジの精油はいれたけど、食器洗うので色づけとかはしませんでした。


iphone/image-20130707222036.png
左が塩析
右がホットプロセス

左は何度も温めてるから泡がどうしても消えず、水を含んでるので完全に乾燥するとすごく小さくなります。
2ヶ月くらいすると半分近く小さくなったので厚めにカットしました。
1ヶ月くらいからカチカチで使えます。


あと2キロくらい。。
これは秋くらいに作ろうかな。
いろんな人にお裾分けしますので、欲しい方言ってくださいねー

鍋からでれなくなちゃった石鹸ちゃんたちw
なんとか出て来てくれました。
可愛いケーキみたい〜だけど、縮んで可愛くなくなりそうだな。
iphone/image-20130707221949.png
posted by anco at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 石けん 作った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368571225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。