2011年03月31日

スコーン

中学生くらいから私はスコーンを焼き続けてました


その時はベーキングパウダーを使っていたけど





ウチはスコーンはみんな好きで、

「サイズが前の方が良い」

とか

「紅茶の量は前回の方が良い」

とか

焼いては批評を言う家w




で、我が家の味というのが出来て、ある程度完成された
でも今考えるとクッキーみたいな中までさっくさくだったんだよね





それから大人になって、パン屋に入ってからベーキングパウダーは使わなくてもお菓子は作れること

スコーンは酵母からもできることを知ります


久しぶりにスコーンが焼きたくなって、この歳で作りました
色々習いに行ったのでそのレシピをあわせて作ってみました

1回目
RIMG0994.jpg

形はいいんだけど。。。クッキーに近い
昔のうちの味
大人になってから思ったのは、もう少ししっとりさせたい。。
なーんかいまいち






2回目
RIMG0996.jpg

発酵が弱いのと、なんといってもしょっぱい!!
人生初の計量ミス!!
いやメモミスw
塩を10倍入れました泣
1,5g→15gにw
,を書き忘れた!!!!!

1回目はちゃんとカットしたけど、今回は適当に大きめにカット






3回目
RIMG1002.jpg

なんとか。。
こんな感じ?
今回も適当にカットしたのでスイマセンこんなもんで。。





私のスコーンはジャンク好きらしくバターたっぷり〜
もちろん甘さもある〜

感じですw


次は形も整えてもうちょっと工夫します





スコーンてホント全然ちがうけど、何が本当なんでしょうか?

一番なじみがあるのはスタバ?

スタバのスコーンはしっとり〜ですよね

ホテルオークラのロビー階?オーキッドルームのはさっくり〜に近いかな

メゾンロミユミさんとこのはどちらかというとしっとり〜

私が卒業したパン屋トゥルナージュはさっくり〜




私はさっくり〜好きなのでオークラとトゥルナージュかな




みなさんに披露できる日がくるかなぁ
大きさはどれぐらいが好き?

スタバのは大きいから大きくしたけど、私の家はクッキーよりは大きい程度のサイズでした



posted by anco at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

食べれるほうのwチョコ教室

東京へ1週間ほど行っておりました
そのせいで歩けるけどギックリ腰になりまして。。

またまた大変な事になっておりますアタクシでございます。。




東京から帰って来て次の日は知人の子どもにバレンタイン教室をしました
腰はまっすぐにならないので、おばあちゃん並の曲がった状態で。。


今回は    食べれるのw








その子は小学5年生
その日しか空いていないということで、14日まで日持ちするものをセレクト
ガトーショコラを作って上にアイシングでデコしようと思いました


彼女達の伝統なのかなんなのか、手づくりでチョコ交換と決まっているんだそうです
渡す人数はなんと23人!!
私もやったことのない数字でございます。。
さらに残念な事にその中に男の子へのチョコはゼロ!
さみしー泣
そういうもんかねぇ今の子っつーのは。。
アタシの時は7個ぐらい毎年配っていたような。。7個って。。




知人(彼女のママ)は普段働いている&お休みが子どもと合わないのもあり、去年のバレンタインの時からリクエストをうけていました

去年のお友達のですごかったのはマカロンだったそうです。。
えーマカロン?
そりゃすごい

ということで負けていられないアタクシ




でできたのはこんな感じ(写真悪いけど)
DSC_0511.jpg


DSC_0513.jpg



チビカップ23×2セットでございます〜





あれ、このカップみたことあるって?



それってこの事かしら?
DSC_0463.jpg

そうそうこのアイシングでホイップされている左上が教えるための練習で作ったものでした
アイシングってやった事無くて、美味しくないし。。って思っていたんだけど、自分で作ると意外と美味しいのね
DSC_0459.jpg



本番は食紅いれて可愛いピンクにしました
これぐらいキツい色のほうがチョコレートには良いです
途中からママ登場で器用なママがウサギを書いて、それに彼女が飾り付け〜
なかなかカワイイのができました

ママ登場で良かった〜



来年もやるのかなぁ
今度は石鹸にしてくれないかなぁ。。w

posted by anco at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

梅酒と梅ジャム

縁側作業から1週間やっと全部終わりました

梅ジャム
RIMG0909.jpg

おそらくサイズのせいもあると思うけど、種と皮を取ると半量になっちゃうの!!
超泣きたくなりました。。

全部で6キロやって3キロに。。

あーーーーーーーーーーーーー悲しぃぃぃぃ




今回は本格的
ペクチンチェック
糖度55%
空気抜き
とこだわってみました

ペクチンチェックっていうのはジャム独特のゼリーっぽい状態です
あれに持っていくために糖度を合わせながら水分調整していきます
砂糖が足りなくて2日に分けてつくったんだけど、どーやら1日目の方はさらさらで、次の日がどろどろ
次の日のほうはペクチン合格しました

奥がふかいのね〜ジャムって



今まで母が作ったのかおばあちゃんが作った梅ジャムしか食べた事なかったけど、私が作った方がおいしいわ!と思ってしまったよ

梅ジャムのゼリーが好きなのでやろうと思ってます





我が家でゼリー食べる人いるのか不安
私一人で食べたら太っちゃうわ。。




青梅から1週間近くたっちゃったけど、ほんのり黄色になったかな?ぐらいで香りが全然違いました
だからもう一本梅酒も作りました



本当は1本目が日本酒だから2本目はホワイトリカーの予定だったんだけど、香りが全然違うから条件は全く一緒同じ日本酒のお酒で同じ砂糖の量でどう違うのか

大きな違いが出てくれるとうれしいけど。。

3ヶ月後に一度試飲してみます
posted by anco at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

いちごじゃむ

いちごジャムを作くった
FxCam_1275033691092.jpg

さらっさらであんまりあまくない!
もっと時間かければ良かったと反省

でもお友達にあげたら粒がしっかり残ってるから気に入ってもらえたみたい


今朝の朝ご飯
RIMG0861.jpg
作った食パンにトッピング
ミートソースの残り+チーズ
発酵バター+いちごジャム



さらさらすぎたので、クラブソーダと割ってみました
RIMG0862.jpg
香りはすごくいい!けど味が薄い!
これお酒にもいいかも〜


いちごが安くなったらまた作ります
みなさんも是非やってみてください

作り方
いちごは結構小さくなるので2パック以上
砂糖
レモン汁 いちご2パックにレモン半分いれました

ホーロー鍋に砂糖を軽く敷く
ヘタとって水気をとったいちごをそのまま、もしくは半分に割って敷く
砂糖、いちご。。と交互に

最後は砂糖を軽くかぶせてレモン汁まいて一晩
次の日煮詰めるだけです
火加減は小〜中火でコトコト
灰汁がいっぱいでるのでこまめにとります

煮詰めすぎると砂糖がこげて(カラメルと一緒です)黒くなるのでご注意
熱いうちに瓶につめます
瓶はアルコールか煮沸消毒します
すぐ食べてしまうなら脱気しないで冷凍庫保存でも大丈夫

ポイント
あまり混ぜない事!
火を入れてからコトコトなるまでは触らず我慢しましょう
コトコトなってきてから木べらでそーっと時々
ジャムは余熱も考えて煮る時間を調整
手作りだから甘さもいちごそのものの固さも好みで作れます
熱いと甘く感じるけど、冷めると甘くないので砂糖の調整を楽しんでみて
posted by anco at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

ココアバナナシフォン

最近よく作るバナナシフォン

バナナを大量に買いすぎたからw
あの木の枝になっているの半分ぐらい買っちゃったの
で、消費するためw



だからちょっとずつ使ってシフォンケーキ作ってます
DSC_0065.jpg

BP(ベーキングパウダー)を使わないで作ります
ずっと使うのが当たり前で生きてきたけど、本当はなくても材料の力でもちあがるって知ってました?
パンを勉強するまで知らなかったんだけど、意外とそれを意識してレシピ探すとないんだよね
卵白をしっかり泡立てたり、他の材料を混ぜたり〜をしっかり丁寧にすればなくてもあがるのであります!
レシピを探してもあんまりのっていないので、ベーキングパウダー入りのレシピからベーキングパウダーだけ抜いて作ったりしています
それでもちゃんとあがるのよね


今回はバナナシフォンなわけですが、具入りシフォンケーキの場合はしつこいぐらい卵白固めに泡立てる事なんだって
具が沈んだりうまくまざらなかったりするから

バッサバサになるまで泡立てちゃって、こりゃやりすぎたかも。。って思ったんだけど、仕上がりがしっとりフワフワになったのでビックリしました
バサバサになるまでやると粉と混ざりにくいし良くないとは思うけどwそれぐらい固めが良いみたい
卵白の量をもうちょっと改良しようとは思いますが、焼きっぱなしは楽で良い


ちなみにバナナ熟してから冷凍庫にいれてあります
理想の熟しまで1ヶ月くらいかかった!
私の食べる好みの固さは青くて固いほうです
だからすぐに食べれなくなるのでお菓子に流れるという仕組みw
今年は寒かったということもあるけど、熟させようとすると意外と時間はかかるものなのね
posted by anco at 16:15| Comment(3) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミルフィーユ

なぜかミルフィーユ記事がきえてしまったので、もう一度のせておきます
でも失敗内容は面倒だからかかないw

クロワッサンより楽に層ができるので、ビビらずみんな作ってみよう!
RIMG0852.jpg

クリームだけはご注意ですw
カスタードに生クリームいれちゃって崩れている〜の図です
本当はクレームムースリーヌ(カスタードバター)のほうね
posted by anco at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

チョコレート

バレンタインで、チョコレート系のお菓子を作ると決まってトリュフを作ってしまいます

なぜなら、チョコレートケーキよりもクッキーよりもトリュフが好きだからです


私がw


で、今年も作りました


でも今までの私とちょっと変えなくちゃと思い、良い材料と手間をかけてやりました



クーベルチュールチョコレート
RIMG0625.jpg
ちょっとグレードは低くケチったはずが、意外と評判が良かったらしい

私はチョコレートはビターが好きです
ミルクチョコレートは苦手
これはスイートでほぼビターに近い甘さでした
味見しないでネットで買ったからちょっと不安だったけど、良かった〜



でもね、でもね
RIMG0624.jpg
2キロも買っちゃったのw

このバー一本が250gぐらいです
これをザクザク包丁いれます
今回使った量は750gぐらいかなぁ

最初どうやって包丁いれていくんだろう。。って思ったけどチョコレートって簡単にぱきぱきヒビが入ってくれるので斜めに端から包丁いれていくだけで簡単に刻めるんですな
割れチョコよりもこっちの方が全然やりやすい!!



トリュフは2種類、ラムとグランマニエ

ラム酒トリュフ
ラム入りトリュフはいつも作っていて、あれ。。ラム?なんかひっかかるなぁと思っていたら思い出した!
パン用のラム漬けチェリー!!!
RIMG0623.jpg
写真わかりづらいw

これを挟んだというより下に先に敷いちゃったからくっつけた感じw


グランマニエ入りガナッシュ(トリュフにならなかった)
ガナッシュ絞り出し口を間違えました
ウネウネ出る方にしちゃってこんなん
RIMG0626.jpg
ホイップ石けんじゃないよ!!食べ物だからね!!


意外と可愛いし、どうせきれいにコーティングできないし、で、お化粧して終わりにしました
RIMG0627.jpg



完成
RIMG0630.jpg

トリュフの方の形が悪いのは相変わらずだけどwまぁ味は今までで一番いいと思う


今までより手抜きしなかった所は
良い材料と丁寧さだなw

ちゃんとテンパリングしたチョコレートでコーティングしました
テンパリングっていうのは、最初に40度ぐらいの湯煎で一度溶かして、すぐ26度ぐらいまで冷やして、30度ぐらいまでチョコの温度を上げる作業なんだけど、つやがやっぱり出るのできれいです
チョコレートは油分が多いから温度管理が大切
注意して観察してみると、きちんと作ってみてわかる事がいっぱいありました
チョコレートって奥が深いなぁ
ちょっとは成長したなぁ私



100円ショップに子どもとお母さんがラッピングコーナーにいっぱいいて、それを観ているだけでドキドキしちゃう!
楽しそうだなぁ
私も今日は女子にプレゼントするんだ!
(彼と義父にもね。。)
posted by anco at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

キャラメルパウンドケーキ

昔だったら絶対作ってなかったキャラメルソース
今はあんまり苦ではなく、ひと手間もちゃんとやるようになりました

キャラメルバナナパウンドケーキ(生地があまったのでマフィンカップに入れたのw)
RIMG0608.jpg

ちょっと甘かったから次は甘さを加減しないとです

今日はクッキーとパンを焼いたんだけど、ここ(新潟)はママ(義母)のおかげで食べてくれる人がいっぱいいて、助かってます

しかも残ったら家に持って帰ってくれるし
そのままカピカピにならずに済むし助かるわぁ





話変わって
明日から東京
5日も滞在!
しかもホテル生活!!

いやん楽しそう〜

父の手伝いで仕事なんですけどねw
だから美術館行きたいとかお買い物したいとか思っていたけど、結局日中は仕事してるから夜しか空いてない〜
何しよう〜

一人でバーとかいっちゃう?
良いとこ探しちゃう?

posted by anco at 20:08| Comment(3) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

バレンタイン

すっかり何にも書いていなかったですな
バレンタインですが手作りを考えている人へ
手作りキッドで粉が全部入っているのは全然意味がありません
アレは結構マズイですよ
だって膨らませるようにいろいろ入っているわけだし
同じ500円だすんだったら有名チョコレートのトリュフ一粒のほうが全然おいしい
もらう相手が食べるところまで想像しましょう
手作りの良さは手間隙をかけた時間だったりするわけです
キッドを買ったら手間はほぼないし、失敗もないけど味もどれも一緒
それって手作りに入らないのでは?
材料一つ、バター一つを買って用意するのも手作りの一歩なわけです
膨らまない、形をくずした。。でも一生懸命作った気持ちはステキ
というのが料理好きな私としての意見です

手作りお菓子の基本は環境とレシピが大切です
これから本やレシピを探している人、私がはずしなしだなーと思うツボは洋酒とバターをきっちり使っているものです
手間が結構かかっているものを買います
料理の分量が適当な私もさすがにお菓子は本を使ってきっちり作ります
*だから作り方は今回は書きません
洋酒はくさらないからいつまでたっても使えます
バターは料理につかったり何でも使えるから買ってソンはないです

料理とちがってお菓子は分量大事!!
甘さ控えめにしたいからといってお砂糖を控えたりするとうまく膨らまなかったりと違うところにシワがよります
おいしいお菓子を作るときはヘルシーは無視したほうがいいかも

あとは環境
チョコレートを使うなら寒いとすぐに固まります
だからといって湯せんにかけながらチョコレートを溶かしていくときにお湯の温度を熱湯にすると味が落ちます
季節によってスポンジのふくらみも変わります
初めて作る人は負けないでがんばってください

失敗すれば次回はうまく行くはずです
posted by anco at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

クリスマスデザート

わざわざケーキを作ろう、買おうとお考えの方いませんか?
ケーキはもちろん見栄えも豪華で素敵と思われるかと思いますが、食べる人数を考えると食べきれますか?

そこで考えたのがグラスとクリームを使ったもの
パフェなんていかがでしょう?

パフェと言っても特別大きくなくていいわけです
家にあるコップ、グラス、綺麗なおちょこ、ガラスのものでもなんでも代用できます
普段使うお皿でもいいのでは?
ココではクリームの作り方が手元になくてご紹介できませんが、
たとえば市販の生クリームやカスタードクリームと缶詰や生のフルーツを交互に重ねるだけでオリジナルができます
普段見慣れている器で演出できるということです

良いカスタードクリームが欲しいのなら美味しいお店のシュークリームを買うのはいかがでしょう?
割ってクリームと皮を重ね、チョコレートソースをかければチョコレートパフェに変わります
それにちょっと食べかけの残り物のアイスクリームをのせたり
失敗しても作り直しが簡単にききます

二人きりのクリスマスだったらグラスに飾る
家族で過ごすのなら子供とそれぞれ好きなものをのせてオリジナルデザートを
posted by anco at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。